Huluのメリット・デメリットを大特集!

Huluのメリット・デメリットを大特集!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポイント

 

 

Huluについてあまりご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、Huluとは定額で映画やドラマ等の動画を見放題できる動画配信サービスのことです。

 

日本での知名度はまだまだ発展途上ですが、Hulu発祥のアメリカにおいてはYoutubeに次ぐ動画配信サービスとして非常に多くの人々に利用されています。

 

日本においても2016年12月時点で会員数が150万人を突破し、dtvやU-NEXT等の他の動画配信サービスを追従する形で急速に会員数も増加中。そんなHuluについて、興味を持っている方のために、メリットとデメリットをそれぞれまとめてみました。会員登録するかどうかの参考にしてみてください。

 

Huluの詳細はこちらをクリック

 

 

 

Huluのメリット

 

なんといってもコストパフォーマンスに優れている

Hulu最大のメリットであるともいえるのが、コストパフォーマンスに優れている点です。月額933円(税抜)というランチ一食分程度の金額で、動画コンテンツが制限なく見放題。

 

お気に入りの映画を何度も見たり、数シーズンに渡って展開する海外ドラマを一気に見ても定額の933円(税抜)で済みます。

 

レンタルビデオを借りるのと比較しても、とてもコストパフォーマンスには優れていますよね。特に日常的に映画やドラマを見ている方はとってもお得。

 

どのように使っても定額ですので、普段レンタルでお金を払ってまで見ないような映画やドラマでも気兼ねなく見ることができます。

 

また、他の動画配信サービスのように、PPVと呼ばれる新作など一部コンテンツは別料金という仕組みもHuluには一切ないのが特徴。

 

正真正銘の全コンテンツ定額見放題である点は、やはりHulu最大のメリットであると言えます。

 

視聴できるコンテンツが非常に多く、飽きない

Huluで視聴できるコンテンツは映画、海外ドラマ、日本のドラマ、アニメ、バラエティ番組、ローカルの番組等幅広く、提供している動画コンテンツの総数は13,000本以上。

 

また、およそ毎週80本程度のコンテンツが定期的に追加されているため、飽きることがありません。見たい動画がなくなってしまうこともありません。

 

上記でも述べましたが、安価な定額制動画配信サービスでここまで内容が充実しているのは非常にお得です。

 

動画配信サービスの中では画質に優れている

Huluの画質は、最大で720pのHDと非常に高画質です。回線状況さえ良ければ、この高画質でもスムーズにコンテンツを視聴することができます。

 

ブルーレイの1080pのフルHDにこそ劣りますが、DVDの画質には勝っています。パソコンで見てもスマートフォンで見ても非常に美しく快適な動画視聴を楽しむことができます。

 

動画配信サービスとして、画質が優れているというのは大きなメリットの一つではないでしょうか。

 

アカウントに視聴履歴が保存される

動画コンテンツを視聴している際に、何かしらの用事や電話等で一時視聴を中断することってあると思います。

 

Huluはアカウントに現在の視聴状態が記憶されていますので、例え動画コンテンツを視聴している途中に急に切断したとしても、次回Huluを開いた時には視聴していた動画の続きから再生させることが可能です。

 

この機能は、デバイスを変えた場合にも同様です。例えばパソコンで視聴していた動画を中断して、次に外出先でスマホで再生した場合でも前回の続きから再生できます。

 

忙しい方や、外出が多い方等にはこの機能は大きなメリットとなるのではないでしょうか。

 

1アカウントで家族みんなで使用できる

 

家族の画像

 

Huluはアカウントをひとつ持っておけば、家族みんなで使用することができるのも特徴です。

 

パパが仕事に出ている昼間はママがHuluでドラマを見て、パパの帰宅後は映画を見るといったような使い方ができますので、みんなで楽しむことができます。

 

コストパフォーマンスの面でも、大きなメリットであると言えます。

 

1アカウントで同時に2つ以上の端末で動画コンテンツを再生することは残念ながらできませんが、それでも上手に使い分ければ十分なメリットです。

 

マルチデバイス対応

Huluはマルチデバイス対応の動画配信サービスです。パソコンだけでなく、スマートフォン、タブレット、テレビ、ゲーム機、各種プレイヤー等対応している端末は他のサービスよりも幅広いという点が魅力です。

 

家にいるときはテレビの大画面で、外出中はタブレットやスマートフォンでといった使い方ももちろんOK。

 

様々な使い方ができますので、じっくり動画コンテンツを楽しみたい方から外出先で時間を潰したい方まで、幅広く活用することができます。

 

Huluのデメリット

 

同じコンテンツがずっとあるわけではない

Huluでは、今あるコンテンツがずっとあるわけではありません。今まで見られていたコンテンツがある日急にみられなくなったり、また逆に消えていたコンテンツが戻ってきたりします。

 

コンテンツを配給している会社との契約上の関係があるのでしょうが、見ようと思っていたコンテンツが急になくなってしまったり、お気に入りで何度も見ようと思っていたコンテンツがなくなってしまうのはちょっと困ります。

 

特に、ドラマやアニメ等の続き物で途中から見られなくなるのはストレスになります。難しい面もあるかもしれませんが、Huluには是非とも改善してほしい部分です。

 

ハマってしまって他のことに気が回らなくなる

ある意味仕方のないことかもしれませんが、Huluは全コンテンツが定額で見放題であるため、夢中になってしまうと他のことに気が回らなくなる危険性があります。

 

特に、続き物のドラマやアニメ等を見始めると、歯止めが効かなくなることも。

 

先にやっておくべきことを済ませてからHuluを利用する等、工夫することで回避することができます。

 

用事を済ませたら、心行くまで動画コンテンツを楽しみましょう。

 

吹き替え対応作品が少ない

Huluは見れる作品の数が多いのは良いのですが、日本語吹き替えに対応した作品が少ないのがデメリットです。

 

日常的に吹き替え版で映画や海外ドラマを見る方は他のサービスも比較検討した方が良いかもしれません。

 

また、字幕版と吹き替え版が別タイトルとして扱われており、視聴している最中に切り替えをすることができないのも個人的にはデメリットに感じます。検索結果に並ぶ表示もイマイチ。

 

普段から字幕でコンテンツを視聴している方にとっては、特に気にはならないデメリットです。

 

映画に関してはやや弱い

Huluは映画の本数も大分充足されてきてはいるのですが、まだまだドラマの充実度に比べると弱いと感じます。有名タイトルでも見られないものもチラホラ。

 

また、新作が入ってくるのが遅く、Huluに追加される頃には既に旬を過ぎてしまっていることが多いのが残念な点です。

 

ドラマよりも、映画の方が目当てでHuluを検討している方にとっては大きなデメリットとなります。U-NEXT等の他のサービスを検討したり、併用したりする方が良いでしょう。

 

 

Huluのメリット・デメリットを大特集! まとめ

急成長中の動画配信サービスであるHuluについて、メリット・デメリットの両方の側面からご紹介しました。しかし個人的な感想ですが、デメリットを補ってメリットの方が余りあるのではないかと感じます。

 

どうしても気になるという方は、2週間のお試し期間も設けられていますので、実際に利用してみて良し悪しを判断してみるのも良いでしょう。どうしても気に入らなければ2週間以内に解約すればよいので、特にリスクもありません。

 

今回の記事が、Huluをご利用するに当たってあなたの参考になれば幸いです。

 

Huluの詳細はこちらをクリック

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

海外ドラマが充実していて使いやすい動画配信サイトランキング

1位Hulu 2位U-NEXT 3位dTV(dビデオ)

Hulu

>Huluの詳細はこちら<

U-NEXT

>U-NEXTの詳細はこちら<

dTV(dビデオ)

>dTVの詳細はこちら<

Huluのメリット・デメリットを大特集! 関連ページ

HuluとDVDレンタルどっちが良いの?比較してみた
Huluを利用するか?ツタヤやGEOでDVDをレンタルするか?どちらを利用するかお悩みの方へ。比較してどちらが良いのか?という事をご紹介していきます。
Huluって本当に無料でお試しが出来るの?
Huluの無料お試し期間を利用しようか迷っている方へ。Huluは本当に無料でお試しをする事が出来るのか?という事についてご紹介します。
U-NEXTはどういった作品がPPVなの?
U-NEXTのお試しを検討中の方へ、どのような作品がPPVとして配信されているのか?という事をご紹介していきます。
HuluとネットフリックスとU-NEXTを比較してみた
HuluとネットフリックスとU-NEXTの中で、どの動画配信サービスを利用するか?お悩みの方へ。各動画配信サービスの特徴や料金面を比較してご紹介します。
HuluとAmazonプライムはどっちが良い?
HuluとAmazonプライムのどちらを利用するか?お悩みの方へ。数多くの動画配信サービスを利用している私が両サービスのメリット・デメリットをご紹介し、あなたに適したサービス選びのお手伝いをいたします。
海外ドラマを活用してリスニング力を上げる事はできるの?
海外ドラマを見る事によってリスニング力は上がるのか?とお悩みの方へ。海外ドラマを活用して効果的にリスニング力を向上させるコツをご紹介します。
dTVの作品は録画できるの?
dTVで配信されている作品を録画保存したいとお考えの方へ、dTVの作品は録画できるのか?という事をご紹介します。